青森市男女共同参画推進施設

カダール事業報告

  • HOME »
  • カダール事業報告

◆「カダール」過去の事業報告一覧はこちら


「青森市男女共同参画推進月間オープニング 記念講演会
  『アンコンシャス・バイアスを乗りこえる』」報告

日時:2019年10月5日(日) 13:00~15:00
場所:青森市男女共同参画プラザ「カダール」AV多機能ホール
参加人数:82人

◆講師◆
パク・スックチャさん(アパショナータInc.代表)

 10月の青森市男女共同参画推進月間のオープニングにあたり、フルートの調べにのせた「男女共同参画都市青森宣言」朗読の後、パク・スックチャさんを講師にお迎えして「アンコンシャス・バイアス」をテーマに講演会を開催しました。

 日本では、まだまだ男性優位の企業風土が女性活躍を妨げており、アンコンシャス・バイアスへの取り組みがカギとされています。
 アンコンシャス・バイアスは、誰もが持っている「無意識の偏見」つまり偏った見方や考え方のことで、育った環境や個人的な経験、マスメディアなどによって形成され、人やものについて判断し行動を起こす際に大なり小なり影響を与えています。
 私たちはアンコンシャス・バイアスが「ある」ということを認識し、特に職域においては、人を判断したり評価したりするときは一度立ち止まってゆっくり考えることが必要です。
 パクさんは「多様な人たちと接し一人ひとりを個人として理解することが、すべての人が尊重され受け入れられ気持ちよく能力発揮ができる社会につながる」と話を締めくくりました。

 

「笑顔で活躍するための女性限定セミナー」報告

日時:2019年10月4日(金) 13:00~15:00
場所:青森市男女共同参画プラザ「カダール」研修室
参加人数:31人
対象:女性

◆講師◆
パク・スックチャさん(アパショナータInc.代表)

 日本における女性活躍がなかなか思うように進まない…その要因として「女性の自信のなさ」に着目した講師による新開発の講座が、いち早く青森で開催されました。
 洋の東西を問わず、「リーダーシップ」と「男らしさ」には、その特性に多くの一致点が見られます。その特性を女性に当てはめると否定的にとらえられるのは「ジェンダー・バイアス(社会的・文化的に形成された性差別や偏見)」によるもので、女性活躍を阻む社会的な「カベ」であり、女性自身の中に存在する「カベ」でもあるのです。
 「女性に不足しているのは能力ではなく自信です。そして、自信は、自己の成果を認めたり前向きな言葉を使ったり小さなチャレンジをすることで習得できるのです」という講師の言葉は参加者に勇気を与えました。グループワークでは会場のあちこちで活発なデスカッションが交わされ、明日からどう行動すればよいか、お互いにヒントとエールを送りあい、笑顔と熱気のなかで講座は終了しました。



「一人ひとりの性を大切にして生きる」報告

日時:2019年9月29日(日) 13:30~15:30
場所:青森市男女共同参画プラザ「カダール」研修室
参加人数:26人

◆講師◆
針間 克己さん(はりまメンタルクリニック院長)

 性的マイノリティについての正しい知識や情報を得て理解を深めるために、針間克己先生をお迎えして講座を開催しました。
 針間先生は、長年精神科医として性的マイノリティ当事者に向き合ってこられ、また、日本性科学学会理事、日本精神神経学会「性同一性障害に関する委員会」委員であり、GID(性同一性障害)学会第20回大会では学会長を務められました。本講座では、そのご経験や知見から、性的マイノリティについて、最新の情報を織り交ぜながらわかりやすく話してくださいました。
 針間先生は、一人ひとり違う「性のあり方」について、L・G・B・Tの語源なども紹介しつつ説明し、当事者の現状をデータや諸外国の事例を引用しながら示しました。
また、当事者に対する適切な対応として「見守り」「受け入れ」「知識を伝える」の3つを挙げ、中立的な価値観が必要であると話しました。
 誰もがその人らしく生きられる社会の実現に向けて、私たち一人ひとりが今回学んだことを行動に活かしていくことが求められます。


「ママ美活&ジュニアクッキング~1UP(ワンアップ)した自分に出会う~」報告

日時:2019年11月17日(日) 10:00~13:00
場所:青森市働く女性の家「アコール」会議室・料理室
参加人数:26人
対象:働く母親と子ども(小学4~6年生)
共催:全国女性会館協議会、日本テトラパック株式会社

◆講師◆
ママ美活:石川知王子さん(美腸プランナー)
ジュニアクッキング:山谷詠子 さん、前多敬子 さん、森山恵里子 さん、中畑真利子 さん
         
(青森市食生活改善推進員会改善推進員会)



 仕事に家事にと忙しいお母さんにリラックスタイムをプレゼントし、子どもたちが作ったおいしい料理をあとから一緒に楽しむ講座です。
◆ママメニューは、美と健康の土台となる姿勢と腸のお話と簡単なストレッチ!

◆ジュニアメニューは、手のひらピザ・具だくさんスープ・豆乳もちパフェを作ります♪

 イベントなどの特別な料理ではなく、普段冷蔵庫にあるものを使った料理を作りました。
日本テトラパック社・全国女性会館協議会との共催だったため、参加者に材料費の負担をかけることもなく親子で参加できる講座となりました。
 今回参加した子どもたちは日頃から家事に参加している様子でしたが、初めての場所で料理をするのであらかじめ使用する調理器具は調理台に出し、スムーズに調理できるよう工夫しました。

同じ年代の子供たちが参加しているため調理・片づけを通してコミュニケーションが生まれ、後半では自然と仕事を分担し、スムーズに作業を行っていました。

 お母さんたちは会議室にて腸と健康・美容の話を興味深く聴き、ストレッチも積極的に行い、リフレッシュしていたようです。
参加したお母さんにとっても子供たちにとっても満足度の高い講座となりました✿


 



「みんなで歌おう うたごえ“おやじ喫茶”秋編」報告

日時:2019年10月29日(火) 13:30~15:30
場所:青森市男女共同参画プラザ「カダール」AV多機能ホール・研修室
参加人数:230人
共催:男塾ROCKの会、NPO法人ういむい未来の里CSO

◆ゲスト・進行役◆
アコースティックデュオ たいぞう&IKUKO さん



 今回で9回目となる、毎年恒例の人気企画です♪
「男塾ROCKの会」と「NPO法人ういむい未来の里CSO」が企画運営を提案し、参加者の要望に応えて今年度より年二回の開催となりました。
今年5月に開催した「春編」よりも更に定員を増やし、当日受付の参加者も含めて前回を大幅に上回る230人が集まりました!

 長年参加しているリピーターのほか、広報や口コミを通じて新規の参加者も多く見受けられ、共催団体らの長年の積み重ねと企画力、活動周知が良い結果へ繋げていることが伺えます。
 会場内は参加者らの熱気にあふれ、笑顔とともに歌声も高らかに響き渡っていました。自ら身体を揺らしリズムを取り、曲のリクエストでは次々と手が挙がります。

 アンケートでは今回も継続を求める声と次も参加したいという声が多くよせられ、「参加することによりストレス解消になった」、「青春を思い出した」という声もありました。
ワーク・ライフ・バランス講座として機能を高めている本講座を今後も継続、周知していきたいと思います。

【喫茶室の様子】


 

「カラフルリボンイベント『カダールで楽しい1日を!』」報告

日時:2019年10月19日(土) 10:00~16:00 
場所:青森市男女共同参画プラザ「カダール」5階・6階全館
参加人数:179人

◆講師またはパネラー、ゲスト◆
・お米大使「親子おにぎり教室」
   協力:青森米本部
・パパも一緒にリトミック
   堀口沙織 さん(ピアノ教室dolce主宰)
・映画上映会「ぼくはうみがみたくなりました」
 協力:青森県発達障害者支援センター「ステップ」
・「川戸元貴先生のスポーツワークショップ」他 
 協力: 明治安田生命 青森支社 青森観光通営業所
・ハーバリウム 他:フローラ愛花 さん
・TCカラーセラピー:ふっとらっく 菊山由美子 さん
・おとなもこどももみんなでいっしょに10分間ストレッチ:ルーチェ 柿本敏恵 さん
・カフェキネシ de 願いを叶える体のきもち:キネシオロジーノート しらさかさなえ さん
・ウォーキング講習会 他:フットサロン爽やか さん
・ブレスレット作り:CAUTE ANGE さん

 2019年10月19日(日)カダール全館でカラフルリボンイベント「カダールで楽しい1日を!」が開催されました。
 お米大使「親子おにぎり教室」、パパも一緒にリトミック~家族で音楽の時間~、「ぼくはうみがみたくなりました」上映会、ワークショップなど、子どもから大人までたくさんの皆様にご参加いただき、延べ参加人数は179人と大盛況に終わりました。

 5色のアウェアネスリボンを集めてアンケートに答えると景品と交換できるカラフルリボンラリーも行い、リボンを集めていく中で、様々な色のリボンの意味を知る機会となったことと思います。来年度も開催予定です。
今回参加した方も、まだ参加したことがない方も次回は是非ご参加くださいね(*^^*)/

◆お米大使「親子おにぎり教室」の様子



◆パパも一緒にリトミック 講師:堀口沙織 さん(ピアノ教室dolce主宰)の様子

◆各ワークショップの様子


 



「防災出前講座『集中豪雨による川の氾濫に備えて』」報告

日時:2019年9月1日(日)14:00~16:00
場所:青森市桜川福祉館
参加人数:17人

◆講師◆
青森県県土整備部河川砂防課 小笠原繁行さん
青森市男女共同参画プラザ「カダール」副館長 篠崎有香さん

 9月1日(日)桜川南町会と共催で防災講座が開催されました。
県の県土整備部河川砂防課の方から「明日に備えて~水害の現状と対策~」と題してお話をいただいた後、カダールスタッフが実際の避難場所や持ち物、そして避難所生活について具体的に情報提供しました。

 災害はいつ起こるかわからないので普段から地域で意思疎通を図り、備えておくことが1人
ひとりの命を守るために大切なのだと、地域の皆さんと再確認できた講座でした。


 


「『理想の自分(男)への第一歩』
    コミュニケーションスキルアップ&イメージカラー発見で魅力アップ!」報告

日時:2019年7月27日(土) 13:00~16:15
場所:青森市男女共同参画プラザ「カダール」研修室
参加人数:18人
対象:男性

◆講師◆
内面編:コミュニケーションスキルアップ講座 
    上明戸華恵さん(フリーアナウンサー)
外見編:パーソナルカラー講座 
    中田理香子さん(Healing& Beauty Rei Color代表)

男性対象講座が内面編と外見編の2部構成で開催されました。
内面編のコミュニケーションスキルアップ講座は、明るくテンポよくアイスブレイクから始まり、緊張しないコツ、自己紹介のコツ、会話のコツなど、すぐに使える会話術をお話ししてくださいました。

楽しく学び、受講生同士のワークでは和やかな雰囲気に(*^^*)

外見編のパーソナルカラー講座では、まずは講師からパーソナルカラーについての説明、自己診断そして受講生同士でパーソナルカラー診断。
みなさん戸惑いながらも似合う色(シーズンカラー)がどれか?を知ることができたようです。
その後シーズンカラーごとのファッションコーディネート例なども紹介してくださいました。

講座終了後も、個人的に質問する様子もうかがえ自分の魅力アップへの意識啓発の機会となったようです。
みなさん今頃は、似合う色でよりオシャレに!そして素敵なコミュニケーションができるナイスガイ!になっていることでしょう♡

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP