講座「どうして抜け出せない?女性と子どもをとりまく貧困 ~新型コロナウイルス下のひとり親家庭に関する実態調査から~」参加申込受付中です

臨時休館により開催延期となっていましたが、開催日が決定しました!

コロナ禍でより深刻化している女性や子どもの貧困問題。
女性や子ども、ひとり親家庭が貧困におちいりやすく、抜け出しにくい要因とは?
青森県で実施された実態調査をもとに、決して見過ごせない「女性と子どもの貧困」について一緒に考えてみませんか。

【 参加無料 】

日時・場所

2021年12月23日(木) 13:30~15:30
場所 青森市男女共同参画プラザ「カダール」研修室(アウガ5階)

対象・定員

対象:どなたでもご参加いただけます
定員:30人(申込順)

講師

弘前大学大学院教育学研究科 教職実践専攻
吉田 美穂 准教授

1965年生まれ、神奈川県で長く高校教員として働きながら、外国人女性シェルターや外国につながる子どもの教育支援などのNPO活動に携わる。
30代後半から仕事の傍ら大学院に進学、教育社会学の研究に従事。2017年4月より現職。
弘前大学「子どもの貧困」をめぐる地域・学校・自治体の連携・協働推進プロジェクト主宰。

無料託児について

無料託児は、12月1日(水)より受付開始となります。(先着順)
受付期間:12月1日(水)受付開始~12月15日(水)まで

3人まで(先着順)
対象:0歳~小学生
※託児に関して、ご連絡をする場合があります。

【託児について】
●発熱や咳など、当日体調が悪い場合は、講演会への参加または託児のご利用をご遠慮くださいますようお願いします。
●当日は時間に余裕を持ってご来館ください。託児受付は13時15分からですので、早めの受付をお願いします。
●お子様に必要と思われるものは各自でご用意ください。おもちゃの持ち込みはご遠慮ください。
●講演会終了後15分で、託児終了となります。時間に余裕を持ってお迎えをお願いします。

主催・お申込み・お問合せ

青森市男女共同参画プラザ「カダール」
(指定管理者:NPO法人あおもり男女共同参画をすすめる会)


〒030-0801 青森市新町1-3-7 アウガ5階
電話・FAX・メールまたは直接ご来館ください

お申し込みの際は下記の必要事項をお知らせください。
・お名前
・電話番号
・所属・団体名(ある方のみお知らせください)
・講師への質問(聞いてみたいことがありましたらお知らせください)

TEL:017-776-8800(平日9:00~18:00)
FAX:017ー776ー8828
E-MAIL:kadar-kouza@kadar-acor.jp
(件名を「女性と子どもの貧困」として、上記必要事項をお知らせください)

下記のメールフォームからもお申込みができます。
託児の希望や講師への質問などは【メッセージ本文】に必要事項をご入力ください。